2022/03/23

停滞期2

こんにちは!
前回は停滞期とは何かについてご紹介しました。
今回は停滞期の改善法を紹介します。
ダイエット中に極端な食事制限を行うと、栄養素のバランスが崩れやすくなってしまいます。

停滞期が訪れたときには、身体に必要な5つ栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル)が

バランス良く取れているか確認してみましょう。

特に、筋肉のもととなるタンパク質は多めに摂取することを心がけることが大事です。
三大栄養素の炭水化物、脂質、タンパク質のエネルギー変換するために必要なビタミンやミネラルも不足しやすいため、

果物や海藻類などもうまく取り入れましょう!
なので、停滞期だからといって極端な食事制限はおすすめしません!
停滞期に体重が減らないからと言って、食事を抜いたり、1回の食事量を極端に減らすことはやめましょう。

身体に必要な栄養が不足して脳が飢餓状態と判断してしまい、ホメオスタシス機能の働きがさらに強くなって

停滞期が長引いてしまう可能性があります。

極端な食事制限は過食にも繋がるので、短期的に考えるのではなく

長期的なスパンで考えることはダイエットにとって大切になります!

※要予約
total body conditioning 
LEADING
  • facebook
  • twitter
  • google+
  • E-Mail
  • line
  • hatena
IMG_3822image_6483441(3)

大泉学園本店
    

178-0063

練馬区東大泉2-7-4


大泉学園駅北口徒歩7分

石神井公園店


177-0041

石神井町2-15-8
町田ビル202


石神井公園駅北口徒歩1分
練馬高野台駅徒歩15分
上井草駅徒歩33分

練馬駅前店


176-0001

練馬区練馬1-20-3

Nビル301


練馬駅北口徒歩1分

大泉支店


178-0063

練馬区東大泉1-37-3

THE509TOWER301


西武池袋線・大泉学園駅

北口から徒歩1分

高井戸店


168-0072

杉並区高井戸東3-27-13
アールトップビル3F


京王井の頭線

高井戸駅徒歩4分

富士見ヶ丘駅徒歩9分

※要予約
total body
conditioning 
LEADING
  • facebook
  • twitter
  • google+
  • line
  • hatena
image_6483441(2)
ページトップへ戻る