2018/12/19

自宅でのエクササイズ(プッシュアップ)

自宅でのエクササイズ(2)

 

トレーニングの効果をより実感して頂くために自宅のエクササイズを紹介しています。前回は、下半身のエクササイズを一つ紹介しましたので、今回は、上半身のエクササイズを取り上げたいと思います。

 

<2>プッシュアップ (ノーマルスタンス)

いわゆる腕立て伏せです。大胸筋(胸)、上腕三頭筋(二の腕)、三角筋(肩)を鍛えます。また、正しい姿勢を保持するために、腹筋や背筋の強化にもつながります。

 

①スタートポジション

IMG_0727    IMG_0730

 

手を置く位置・・・前後は肩の真下、横は肩幅よりも少し広く開いた位置に手を置きます。手の置く位置を横に広く開くと胸に強く負荷がかかり、狭くすると胸に負荷が強くかかります。

体勢・・腹に軽く力を入れ、腰が反らないようにし、身体をまっすぐ伸ばします。肘は軽く曲げ、常に負荷がかかった状態にします。負荷が強すぎる場合は、右の写真同様に、膝をついて行います。

 

②深く下げる

IMG_0728     IMG_0731

 

正しい姿勢を保持したまま、胸を地面に近づけます。写真では、広範囲の筋肉を刺激するために、かなり深く下げていますが、肘と背中が同じくらいの高さになるところまででも大丈夫です。そこまで下げられない場合は、膝付きでプッシュアップすることをお勧めします。また、身体を下げる際は、息を吸います。

 

 

  • ③スタートポジションへ身体を持ち上げる

息を吐きながら持ち上げます。その際、身体であおらず、上体はできるだけ真っ直ぐに伸ばした状態を保持して行います。

 

 

*ポイント

・手をつく位置を変えることで、効く場所が変わります。

・息を止めずに動かします。

・動かす速度をゆっくりにすると強く負荷を感じることができます。

・回数は10~20回程度

 

是非自宅でやってみてください!!!

2018/12/17

自宅でのエクササイズ(パラレルスクワット)

自宅でのエクササイズ(パラレルスクワット)(^^)/

 

ジムのトレーニングに加え、ご自宅でも取り組んでいただくことで、さらにトレーニング効果を高めることができます。運動の負荷は、強度・時間・頻度のバランスを考えて決定していきます。そのため、一度の運動強度や運動時間を大幅に増やすのではなく、無理をせず、怪我無く継続できる範囲で取り組んでいくことが重要です。

そこで、今回はご自宅で取り組むことのできるトレーニングをご紹介したいと思います。

 

  • パラレルスクワット

大腿四頭筋(太もも前側)、ハムストリングス(太もも裏側)、大殿筋(お尻)を鍛えるトレーニングです。

これにより、ヒップアップ・足の引き締め・腰痛予防などの効果が期待できます。

 

  • ①スタートポジション

足を肩幅に開きつま先を正面に向け、背筋を伸ばしてまっすぐ立ちます。

また、お尻の筋肉を締め、膝は軽く曲げます。

 

IMG_0718

 

  • ②パラレルポジションまで下げる

太ももが地面と平行になるまで下げます。その際、膝はつま先の方向と合わせ、膝がつま先の真上に来るようにして、身体全体を沈ませます。膝がつま先より前方や内側・外側に必要以上に出ると、膝に過度の負荷がかってしまいます。そのため、怪我を防止するためにも膝とつま先の方向は、意識しておく必要があります。また、背中の角度を一定に保ち、背筋を伸ばしたまま下げます。息は吸いながら行います。

IMG_0716IMG_0717

  • ③スタートポジションまで上げる(①のポジションに戻します)

地面を足の裏全体で踏みしめながら体を持ち上げます。その際、息を吐きながら持ち上げます。

 

*留意点

・息を止めずに行います。

・背筋を伸ばし、背中の角度はできるだけ一定で行います。

 

自宅でのエクササイズを取り入れて、より理想的な身体を手に入れましょう(^^!

2018/11/22

ボクシングの基本スタンスについて

IMG_E0587   IMG_E0588

 

ボクシングの基本スタンスについてご紹介します(^^)

ボクシングの基本スタンスは、オーソドックススタイル(左手が前、右足が後ろ)とサウスポースタイル(右手が前、左足が後ろ)この二つのスタンスフォームがあります、自分が合うフォームはどちらか確かめていきましょう。

 

スタンスのスタイルが決まりましたら、下半身のフォームを確かめていきましょう。初めに肩幅まで足幅を広げていきます。身体の中心辺りに一本の線ができるように重心をかけていき膝を軽く曲げます。さらに、後ろ脚を少しだけ内側の方向に出していきます。足が揃ってしまうとバランスを崩しやすく、強いパンチをもらった際にダメージが大きくなってしまうためこのような形をとります。また、後ろ足のかかとは常に浮かせておきます。これは瞬時に次の動作に入るため浮かせます。体重のかけ方は人それぞれですが、基本は前に6、後ろに4の、6:4の比率で体重をかけていきます。

 

次に上半身です。肩や腕の力を抜き、左手は目線の高さ、右手は顎につけます。両腕は内側に絞っていき、開かないように気お付けましょう。この形は顔とお腹にパンチをもらいにくいためのボクシングフォームです、また斜めに身体を傾けることにより、素早く、体重がのったパンチを出すことが可能になります。最後に顎は常に引いておきましょう。

 

これらの点を意識しががらボクササイズをやることで、より効果的にトレーニング効果が得られることも期待できます。

LEADINGは、パーソナルトレーニングにボクササイズを取り入れています。

完全マンツーマンでトレーニングしていきますので、一緒に楽しくボクササイズを行っていきましょう(^^♪

 

 

2018/10/14

ボクシングで美ボディを

当施設のボクシングは、加圧トレーニングと組み合わせていきます(^^)!

加圧トレーニングは、通常より成長ホルモンが290倍にもなり

短期間で効果的にシェイプアップできます。

ボクシングだけでなく、ダンベルを使用したトレーニングやゴムチューブを使用したエクササイズなど様々なメニューを準備しています。

 

IMG_0431

 

ボクシングは、有酸素運動になるので

全身のシェイプアップになり美ボディを目指せます(^^)/

僅か3分間でも汗がしっかり出て十分なトレーニングができます。

終わった後は、さっぱりと気持ちがいいです。

 

ボクササイズをご希望の方は、パーソナルトレーニングコースをお選びください。

一緒に、ボクシングで楽しく美ボディを目指しましょう。

2018/10/11

ボクササイズでシェイプアップ

当店は、加圧トレーニングとボクササイズを組み合わせていきます(^^)

加圧トレーニングをしながらボクササイズを行うことで、より身体がしまっていきます。有酸素運動になるので、腕・お腹・お尻・脚がしまっていきます。

 

また、ボクササイズはミットに向かってパンチをしていくのでストレス解消にもなります。ミットのパチン!!バチン!!という音がなった時は、とにかく気持ちいいです(^^♪

 

IMG_0449

 

当店は、ボクササイズの初心者の方が多くご利用いただいています。

ボクササイズにご興味がある方は、ご連絡下さい。

ご来店を心よりお待ちしております。

 

ボクササイズで、理想的な身体を手に入れましょう(^^!!

営業時間

月・火・水・木・金
10:00-21:00

日・祝
9:00-17:00


休み

※予約優先

アクセス

〒178-0063

東京都練馬区東大泉2-7-4

 

大泉学園駅北口から徒歩7分

石神井公園駅から徒歩17分

店内画像はこちら
image

西武池袋線・大泉学園駅から徒歩7分!大泉学園駅北口を出て右へ直進、突き当りの大泉妙延寺前の信号を右に曲がり道沿いに200mほど歩きます。
目印はニッポンレンタカーです。その対角線向かえにある角のビルにございます。

加圧トレーニングで人気の練馬区大泉学園のLEADINGのトピックスでトレーニングの詳細もご確認いただけます

練馬区大泉学園にあるLEADINGのトピックスでは、専門トレーナーによるパーソナルトレーニングやコンディショニングなどの様子をご紹介しております。どのようなプログラムか気になる方や初めての方は、ぜひご参考になさってください。
LEADINGでは加圧トレーニングやスポーツ整体・健康エステなど、お一人お一人のお悩みやお体の状態、目的に合わせたコースをご提案させていただきます。スポーツでのパフォーマンスアップを図りたい方はもちろん、筋力アップや体力増進、ダイエットなど様々な目的に対応しております。
練馬区大泉学園のLEADINGでは肩こりや腰痛の緩和やトレーニング、冷え性の改善など、専門スタッフがお体のお悩み解決をサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

※要予約
ご予約・お問い合わせはお電話下さい。
total body conditioning 
LEADING
TEL 03-6886-5940
  • facebook
  • twitter
  • google+
  • E-Mail
  • line
  • hatena
IMG_3822image_6483441(3)

178-0063

練馬区東大泉2-7-4

大泉学園駅北口徒歩7分

※要予約
ご予約・お問い合わせは
お電話下さい。
total body
conditioning 
LEADING
TEL 03-6886-5940
  • facebook
  • twitter
  • google+
  • line
  • hatena
image_6483441(2)
ページトップへ戻る