2020/10/08

小麦と乳製品の危険性

こんにちは!トレーナーの高橋です!

 

今日は普段の生活でよく食べるであろう小麦と乳製品についてです。

 

結論からいうと小麦と乳製品は控えた方が良い。ということです。

 

1、小麦(グルテン)、乳製品(カゼイン)が腸を破壊する。

グルテンは小麦由来のタンパク質で、カゼインは牛乳由来のタンパク質の一つです。

この二つは小腸を傷つけるため、消化しきれていないタンパク質や有害物質(水銀など)を吸収しやすくなります。

消化しきれていないタンパク質はアレルギーの原因になり、有害物質は脳に入りこみ脳機能の低下(集中力の低下、うつ症状など)を引き起こします。

 

2、麻薬性がある。

この二つは麻薬性鎮痛剤であるモルヒネ(がん治療などで使用)ににているため脳に悪影響(精神症状、ふらつきなど)を与える。

 

3、乳製品の成長ホルモン残留。

牛乳を出す牛には大量の成長ホルモン(ステロイド)を投与しており、その乳にも成長ホルモンが残ります。

それを人が摂取するとモルモンバランスが崩れ、女性であれば生理不全や生理前症候群(pms)がひどくなったりします。

 

 

摂取による悪影響を3つ挙げましたがほかにも慢性炎症や慢性疲労などもあります。

 

もし、上記の症状があり改善を考えている場合は、小麦、乳製品を一切取らずに2週間生活してみましょう。

多少の改善がみられる場合はそのまま継続することをお勧めします。

(私も2週間挑戦しましたが、慢性鼻炎による鼻づまりの改善、2キロの体重減という結果でした)

 

健康やダイエットで食事に気を使っているが、いまいち結果の出ない方は一度お試しください。

※要予約
total body conditioning 
LEADING
  • facebook
  • twitter
  • google+
  • E-Mail
  • line
  • hatena
IMG_3822image_6483441(3)

大泉学園本店
    

178-0063

練馬区東大泉2-7-4


大泉学園駅北口徒歩7分

石神井公園店


177-0041

石神井町2-15-8
町田ビル202


石神井公園駅北口徒歩1分
練馬高野台駅徒歩15分
上井草駅徒歩33分

練馬駅前店


176-0001

練馬区練馬1-20-3


練馬駅北口徒歩1分

※要予約
total body
conditioning 
LEADING
  • facebook
  • twitter
  • google+
  • line
  • hatena
image_6483441(2)
ページトップへ戻る